02/10/2020 - 11/10/2020

@wbsc   #U23WorldCup  

Hosted by:   MEX

III U-23 Baseball World Cup - Official Payoff

ベネズエラが歴史的快挙 U-23 野球ワールドカップで3位

28/10/2018

ベネズエラがU-23 野球ワールドカップで韓国を5-4で破り、歴史的快挙の3位となった。

韓国は7回表についに同点に並ぶことに成功するが、8回裏でベネズエラが強気の走塁で点をいれ勝ち越した。Leandro CedeñoのヒットでAnthony Concepcionは一塁から三塁まで走る。Jorma Rodriguez がヒットを打つと野選でダブルプレーが失敗に終わり、そのすきに Concepcionが生還して勝ち越しランを決めた。

ベネズエラの先発 Nivaldo Rodriguez(ヒューストンアストロスの期待の新人)は5回好投球。わずか1被安打に抑え3対1のリードをキープした。

「計画通りにうまく投げられた。モンテリアでも韓国を相手に投げていたので、どう投球すればいいかわかっていました。」と試合後のインタビューでNivaldo Rodriguezはコメントした。

さらにRodriguezは「メキシコと同じ勝敗成績だったけれど、決勝にはいけなかった。毎日戦士のように戦い続けてきたので、このメダルは本当にご褒美です。ファンのみんなには、わたしたちの国ではいろいろな問題を抱えているけれど共にに戦っていこうと伝えたい。」

残り4打席を残した韓国が、あきらめず7回表で同点に並んだ。4対1ベネズエラのリードで迎えた7回、ベネズエラは4人の継投を投入した。6回Nivaldo Rodriguezに代わりリリーフ登板したMaiker PintoはKo Seong Minに単打を打たれ降板。Miguel Burgosは二人立て続けに三振を奪うが、そのあとでKim Chan Hyungに右方向へのライナーを打たれる。この打球は三塁打となって得点が入り、4対2に点を縮めた。さらに登板したLuis GarciaもHan Dong Huiにタイムリーを打たれ3点目、Choe Tae Seongの二塁打は右フェンスに直撃し同点となった。Christian MejiasはChoe Tae Seongを牽制で刺してこの回の危機を脱した。

「まさにあのチャンスを待っていました。」とLeandro Cedeñoはインタビューでこう答えた。「打てる状況だったとわかっていたのでチャンスを狙っていました。冷静でいたし、ベンチでも精神集中ができていました。投手が交代しても動揺しませんでした。おかげで打つことができ、走者を得点圏内に送ることができました」と述べた。

Cedeñoもまたファンに「テレビやSNSでフォローしてくれるすべてのファンのみんなにいつも応援のコメントをくれてありがとうと言いたい。いつも支援してくれて、わたしたちのことを信じてくれて本当にありがとうございます」と感謝した。

8回裏の一死からMejiasに代わり登板した Ivan Anduezaが、9回表で先頭のYen Jinwonに単打を打たれる。しかし韓国はChoi Ji Hoonのバントが二塁でフォースアウトにおわり、走者進塁に失敗した。

Anduezaが最後2名の打者を倒し、勝利投手となった。

Nivaldo Rodriguez, a Houston Astros prospect, strarted for Venezuela