23/09/2021 - 02/10/2021

@wbsc   #U23WorldCup  

Hosted by:   MEX

III U-23 Baseball World Cup 2020 - Official Payoff

WBSC U-23野球ワールドカップ ベネズエラが王者に決定

WBSC U-23野球ワールドカップ ベネズエラが王者に決定
03/10/2021
ベネズエラの投手陣が前大会王者メキシコを3安打に抑え、守備エラー2を絡めて得点を奪い勝利した。

土曜日の夜エスタディオ・ソノラで行われたU-23ワールドカップ決勝戦でベネズエラがメキシコに4対0で勝利、王者に輝いた。

ベネズエラの先発Wikelman Ramirez(21歳・右投げ)がわずか3安打を許して完投完封。4奪三振、メキシコの打線を惑わせ続けた。

1回の相手のエラー二つでベネズエラが先制した。

「自国でのプレーは選手たちにとって多大なプレッシャーですが、今日はベネズエラを倒せるほどのいいプレーができなかったということです」とメキシコのEnrique Reyes監督はコメントした。

ベネズエラは1回に先制、さらに3回目に点を加えてリードするとそのまま逃げ切った。3回、先頭のJesus Lujanoが二塁打を放ち、その2打者後、Romer Cuadranoの犠飛で得点。Juan Fernandezが今大会3本目の本塁打を放ち得点を加えた。

ベネズエラにとって決勝進出はU-23大会での過去最高記録。2016年の第一回大会では8位に終わり、2018年のコロンビア大会では銅メダルを獲得した。

ベネズエラが最後にワールドカップで決勝に進出したのは15U野球ワールドカップ決勝。優勝に輝いた。

「チームは団結していて、目標に向かって集中しているいい選手ばかりです。何よりも彼らは試合を楽しんでいます」とベネズエラのCarlos Garcia監督はコメントした。

今回のU-23ワールドカップから新たに7回制が導入され、土曜日の夜の決勝はわずか1時間40分で決着した。